新築祝いを贈る時の作法とは?

新築祝いを贈る時の作法。何だか堅苦しく感じるかも知れませんが、礼儀を守ってお祝いする為には知っておくことが必要です。その新築祝いを贈る作法を説明します。

【新築祝いに胡蝶蘭を選択する時の重要点】

まず、新築祝いの胡蝶蘭は先方が貰っても困らせないサイズにすることが重要です。胡蝶蘭の大きさも色々あるので、先方の都合に添って選ぶ事をおすすめします。ただ、新築祝いに大きなサイズの胡蝶蘭を贈りたい場合もあるでしょう。その場合は、前もって先方に具体的にどの位のサイズの胡蝶蘭を贈りたいが問題ないか伝えてみるのも良いかも知れません。前もって確認したのであれば、そのサイズの胡蝶蘭を贈った後に実は困らせていた等の事態は避けやすくなりますよね。

また、新築祝いの胡蝶蘭には相場があるので、胡蝶蘭を贈るのなら知識として抑えておきましょう。基本的に新築祝いの胡蝶蘭は5000円から50000円位が相場のようです。新築祝いに幾ら位の胡蝶蘭を贈るかは相場や先方との関係の重要性などを考慮した上で判断することをおすすめします。

更に、新築祝いの胡蝶蘭を贈る際にリボンなどで飾りを付ける場合も少なくないでしょう。贈る胡蝶蘭に飾りを付けた方が華やかになるという事も考えられますよね。ただ、基本的にこの胡蝶蘭の飾り付けは赤色以外にした方が無難です。下記でも説明しますが赤色は火を想像させるので控えた方が無難なのです

加えて、新築祝いに贈る胡蝶蘭がしっかりとした品質であるかも重要なポイントです。新築祝いに品質の悪い胡蝶蘭や枯れている胡蝶蘭を貰った場合は、却って良くない印象に繋がるかも知れませんよね。新築祝いに胡蝶蘭を贈るなら、その品質もチェックすることをおすすめします。

この他にも、新築祝いに胡蝶蘭に立札を付けるなら、正しく記載する事も重要です。立札は祝・祝御完成・御新築御祝などの言葉にプラスして、贈る側の名称などを書く場合があります。

【新築祝いの作法】

最初に新築祝いでは贈る相手の姓名などを書く時には、正しい形であるようにしっかりとチェックすることをおすすめします。もし、新築祝いを贈る相手の姓名などを正しくない形で書いて贈ってしまうと、先方に不快感を与えてしまう場合も考えられます。加えて、言うまでもなく礼儀的な観点から言っても望ましくない行為です。新築祝いの他の部分に気を取られていて、相手の姓名などが正確でない形で贈ってしまったという事態にならないようにしましょう。

新築祝いに贈るには注意した方が良い品物があるので知っておきましょう。まず、新築された家などの壁を傷付けるような品物です。家などを新築するのには概ね安くないお金が必要になりますし、小さくない思い入れがあっても不思議ではありません。折角、新築された家などの壁に傷を付けたくないという考えを持っている場合も充分考えられます。例えば、新築祝いに先方の好んでいる芸術家の絵を贈ろうとする時には、それが壁を傷付けなくても飾れるかどうか確認しましょう。もし、傷付けるタイプの物ならそれでも構わないか先方に相談してみるのも良いかも知れません。

次に新築祝いは火事に縁のあるような品物は軽はずみに贈らない方が良いようです。折角の新築した家などが火事で焼けてしまうというのは不運な事態ですよね。縁起に配慮して説明したような品物は選択しない方が良いと言われており、具体的にはキャンドル・灰皿・ライターなどです。

更に、新築祝いを贈る時に熨斗を付ける場合もありますよね。そんな場合は熨斗の表書きと水引も正しい物にする必要があります。新築祝いの熨斗の表書きは、御祝・御新築祝・御新築御祝などです。加えて、水引の結び方は蝶結びで紅白の色合いの物になります。

加えて、新築祝いの機会に先方に文を認めることになる場合も考えられます。一つ目に新築祝いの文を認める時にその手助けとなる物が欲しいのなら、その例文を読んでみるのも良いでしょう。新築祝いの文が上手く書けないなら、その例文は足掛かりになるかも知れません。新築祝いの文の例はインターネットでも散見されるようです。二つ目に新築祝いの機会に文を認めるのなら、その文面に忌み言葉を書かない様にしなくてはいけません。新築祝いの忌み言葉の例を3つ挙げると、火・失う・崩れるです。勿論、新築祝いの忌み言葉はこちらの3つ以外もあるので注意しましょう。

この他にも、新築祝いを贈るのなら、きちんとタイミングを選ぶのも重要な点になります。

一つ目に新築祝いを贈るとなると、その新築した家などに先方が引っ越ししたタイミングで贈るべきなのではと思うかも知れません。しかし、引っ越した直後は何かと行う事が多くお祝いの品を受け取る余裕がたっぷりとあるような状況ではない場合もあるのです。あまり時間が経過するのもいけませんが、先方に新築祝いの受け取る余裕が出て来る頃に贈ることをおすすめします。二つ目に先方から新築された家などに招かれる場合もありますよね。そんな場合は、このタイミングで新築祝いを贈る事もあります。ただ、この時には大々的に先方に新築祝いを渡すというよりも周囲に配慮した上で渡した方が良いようです。

【新築祝いにどんな贈り物が選ばれているのか】

新築祝いの贈られている品物としては、インテリアが挙げられるでしょう。新しく住む場所には新しいインテリアがあると良いのではと、新築祝いにインテリアを贈ろうとしている方もいるかも知れませんね。ただ、新築祝いに贈るインテリアは先方に気に入ってもらえる趣味の物である事が大事です。女性でも華やかなデザインの品物が好きな方と嫌いな方がいますよね。新築祝いに贈るインテリアを選ぶ時には、先方が日頃からどんな趣味の品物を好んでいたか思い出してみると良いかも知れません。先方の好きになれないデザインのインテリアを新築祝いに贈ってしまう事態は避けましょう。

また、新築祝いに観葉植物を贈られるという事態も多いです。この観葉植物もインテリアと同じように先方に気に入られる見た目の物を選ぶ事が大事です。観葉植物にも種類がありますから、先方の気に入ってもらえる種類がないかチェックすると良いでしょう。観葉植物は先方が無理なく飾れる大きさを贈ることも覚えておきましょう。新築した家などがどれぐらいの広さなのかという点をチェックしておいてもいいかも知れません。更に、新築祝いにタオルを贈るという事態もあります。タオルは使う機会の多い品物ですし、生物ではないので仕舞っておくことも出来ますよね。新築祝いに品質なタオルを贈ってみるのも良いかも知れませんね。一概にタオルと言ってもその品質も幅があるのです。

この他にも、新築祝いは胡蝶蘭は贈られる場合も散見されます。胡蝶蘭は幸運が飛んで来るという良いイメージの花言葉があります。特に先方は家などを新築する事で今までとは違った環境に移る事が考えられますよね。そんな時期に幸運に飛んで来られたら、気持ち良く感じるかも知れませんよね。ちなみに、胡蝶蘭はその愛好家の人達もいるようです。

【まとめ】

新築祝いの作法やそのお返しなどに関して説明しましたがこのような知識を持っていると、今後の対人関係で役に立つ場面も出て来るかも知れません。少なくとも新築祝いを贈る時に抑えた方が良いマナーがあることを知らない方と知っている方では対応に差が出て来る事も考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする